自動車への炭素繊維材料の応用

炭素繊維は生活の中で非常に一般的ですが、それに注意を払う人はほとんどいません。馴染みのある未知の高性能素材として、カーボン素材の固有の特性(ハード)とテキスタイルファイバーソフトの加工特性を備えています。材料の王として知られています。飛行機、ロケット、防弾車両によく使われる高級素材です。

炭素繊維は広く使用されており、自動車への応用はますます成熟しており、F1レーシングカーで初めてです。現在、民間車にも使用されており、表面に露出したカーボンファイバー部品は独特のパターンを持っており、カーボンファイバーカーカバーは未来の感覚を示しています。

中国は自動車やドローンの主要生産国として、多くの海外企業や炭素繊維愛好家に選ばれる炭素繊維原料市場になっています。カーボンファイバーフレーム、カーボンファイバーカッティングパーツ、カーボンファイバーウォレットなど、未使用のカーボンファイバー製品を多数カスタマイズできます。

エジソンは1880年に炭素繊維を発明しました。彼はフィラメントを実験したときに炭素繊維を発見しました。BMWは100年以上の開発と革新を経て、2010年にi3とi8に炭素繊維を使用し、それ以来、自動車への炭素繊維の適用を開始しました。

強化材としての炭素繊維とマトリックス材の樹脂が炭素繊維複合材を構成しています。私たちの一般的なカーボンファイバーシート、カーボンファイバーチューブ、カーボンファイバーブームになりました。

カーボンファイバーは、車のフレーム、シート、キャビンカバー、ドライブシャフト、バックミラーなどに使用されています。この車にはいくつかの利点があります。

軽量:新エネルギー電気自動車の開発に伴い、バッテリー寿命の要件はますます高くなっています。革新に努める一方で、それは体の構造と材料から選択して置き換える良い方法です。炭素繊維複合材料は、鋼よりも1/4軽量で、アルミニウムよりも1/3軽量です。耐久性の問題を重量から変え、より省エネになります。

快適性:カーボンファイバーのソフトストレッチ性能、あらゆる形状のコンポーネントが非常によくフィットし、車両全体の騒音と振動の制御が大幅に改善され、車の快適性が大幅に向上します。

信頼性:炭素繊維は疲労強度が高く、衝撃エネルギー吸収性が高く、強度と安全性を維持しながら、車両の重量を減らし、軽量化による安全リスク要因を減らし、顧客の信頼を高めます炭素繊維材料の信頼。

寿命の向上:自動車の一部の部品は、自然環境での通常の金属部品の不安定性とは異なり、過酷な環境で高い品質基準を備えています。炭素繊維材料の耐食性、耐高温性、防水性により、自動車部品の寿命を延ばします。

自動車分野だけでなく、音楽(カーボンファイバーギター)、家具(カーボンファイバーデスク)、電子製品(カーボンファイバーキーボード)など、日用品にも幅広く使用されています。


投稿時間:7月7日-2021年

私たちにあなたのメッセージを送ってください:

ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください